使用方法

ラベンサラはマダガスカル原産のクスノキ科の樹木です。現地語で「体によい葉」を意味し、現地の人々は昔から腹痛には葉を煎じて服用したり、咳にはすりつぶした葉を胸や背中に塗るなど、このハーブを万能薬として使ってきました。ヨーロッパで知られるようになったのは1980年代以降のことです。 ローズマリーに似た爽快感のある芳香があり、心身ともに疲労を回復させます。しかも作用が穏やかで。子供や高齢者のスキンケアにも安心して使える万能のアロマオイルです。 効能としては、免疫力を高める効果に優れ、感染症に効果があります。集中力を高め、疲れた心やうつを和らげ、不安を取り除きます。 アロマランプで芳香を楽しんだり、入浴剤やトリートメント、スキンケアにも使えます。 ユーカリとブレンドすると風邪やインフルエンザに、ラベンダーとブレンドするとストレスや不眠に効果があるといわれています。 ラベンサラは学名では「ラベンサラ・アロマティカ」と呼ばれています。似た名称に「ラベンサラ・アニサータ」がありますが、これから得られる精油は発がん性のある成分を含んでいるため、アロマテラピーでは一切使用していません。但しラベンサラ・アニサータも略称で単に「ラベンサラ」と呼ばれる時があるので注意が必要です。アロマテラピー用の精油には通称名と学名が必ず併記されているので、これらを参照すると安心です。

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。