精油の主な芳香成分

アロマテラピーの精油の中に、ラベンサラという精油があります。
ラベンサラには、体によい葉という意味もあるようです。
ラベンサラに含まれている主な芳香成分として、リナロールや酢酸リナリル、β-オシメンなどが挙げられています。
アイランド02これらの成分は、鎮痛、抗炎症作用があると言われています。
そのため、頭痛や生理痛などの痛みに効果があるようです。
抗炎症作用は、ニキビ跡の改善など肌にも良い効果が期待できるようです。
また、免疫力を上げる効果もあると言われているので、風邪や健康の維持にも効果があるようです。
そして、リナロールには、気分が沈んでいるときや精神が不安定なときに、その香りを嗅ぐと気持ちが安らぎ、活力が出てくる作用があるとも言われています。
不安なことがあり、眠りにつくことができない、というときなどにラベンサラの香りを嗅ぐとその癒しの効果で安眠できるとも言われているようです。
ラベンサラの香りは、爽快感がある爽やかな香りです。
マッサージに使用をしたり、抗炎症作用があるので、ニキビや吹き出物ができたときなどに化粧水に混ぜるなどして、スキンケアに使用するのも良いようです。
疲労回復の効果があるので、疲れたときに使用してみるのも良いかもしれません。

コメント

コメントを受け付けておりません。