お肌への効果効能

リラクゼーション効果や癒しグッズとして用いられる事のあるハーブ。
何百種類とあり、それぞれ鎮痛や殺菌力などの有効成分が含まれており、乾燥や生葉をハーブティーとして楽しんだり、手作り化粧水などに利用したりと、幅広く利用されています。
中でもカレンデュラというハーブは万能ハーブとも言われており、傷ついた皮膚や粘膜の修復効果をはじめとしたお肌のトラブルに大変重宝します。また殺菌力・炎症を抑える力にも優れているため、虫刺されや皮膚の炎症にも有効です。このように便利なカレンデュラはその有効成分を抽出したカレンデュラチンキやカレンデュラオイルとして市販もされています。チンキの場合は、大体がアルコール抽出もしくは植物性グリセンリン抽出となります。アルコール抽出の場合は、子どもやアルコールに弱い人はパッチテストをしたほうが良いですが、これらは口の中に入れても安全ですので、よくある口の中のトラブル、歯肉炎や口内炎が気になる際は、少量の水にカレンデュラチンキをたらして、毎日の歯磨き後などにうがいとして用いると炎症も緩和されます。また水虫などの皮膚トラブルには、カレンデュラオイルを少量塗り込んだり、手作りのクリームをつくる方法もありますし、足湯の方法で、お湯の中にチンキをたらすのも有効かもしれません。水虫や歯肉炎など、とにかく体にトラブルがあれば先ずは専門医での受診をおすすめしますが、付属的にハーブを用いるのも有効です。

コメント

コメントを受け付けておりません。